スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年02月17日

中華ドットサイトヤバイ

14日に買った物の中で最大の無駄金だったドットサイトの話をしようと思います。


AimPoint(パチ)ドットサイトです。画像の通りハイマウントとバトラーキャップ、それにスペーサーがついてます。


元箱はこんなん。実は二重構造になってます。なんで……?


側面は実に宇宙的です。PERFECT RED DOTだそうですが、どの口が言うか。
一応ドットの色を緑と赤に変えられるのですが、こいつにはどうでもいい機能です。

で、現地では電ブロの反動でマウントがどこかへ吹き飛んだり、調整ネジを回してもドットが微動だにしなかったりしたので早々オープンサイトへと移行してしまいました。冷静に考えればなんかマウントにサイトが曲がってついてる……。そうか、照準がずれてたのもこれのせいかと思いお家で調整することにしました。
おかしいなぁ、どうしちゃったのかな……。上下調整ダイヤル回してるのにドットが右にズレちゃだめじゃない。調整の意味わかってる……?少し……頭冷やそうか……。

というわけでこのサイトは封印されることが決定しました。症状をまとめておくと
・調整ダイヤルがまともに機能しない。
・電池カバーが邪魔でマウントに固定するピンが一本入らない。
・マウントが電ブロの衝撃に耐えられない。
・バトラーキャップを開くと元からもげる。
・なんかすえた匂いがする。
……。皆さんも中華ドットサイトを買われるときは気を付けましょう。

このままではG36が寂しいので、友達に貸し出していた(収奪されていた)マルイ製のドットサイトを回収しまして、このハイマウントに乗せることにしました。


一応比較してみました。結構違いますね……。マルイのドットサイトは微妙に視野が狭いです。
が、流石日本製、調整ダイヤルもバッチリ。なんか調整ダイヤルが上と下が逆なような調整も楽々です。レンジで撃って確認しているわけではないので合ってるかどうかよくわからないですが。

しかしこの中華ドットサイトで一番役に立ったのは六角レンチでしょうか……。六角レンチとハイマウントに4980円……。  


Posted by 智葉  at 12:26Comments(10)光学機器